46歳、無職みちおの話②

昨晩、夢に元旦那が出てきました。

なぜか元旦那と私が2人で一緒にお風呂に入ってて
なぜか私が手で元旦那のシンボルを触ることになって
昔はクソほど巨根だったのに
もうアナコンダかってほどだったのに
久々に見た元旦那のシンボルは、あさがおのツボミっつーかホタルイカみたいになってて、しかも全体が短い毛で覆われていて、ベロア調のホタルイカみたいになってて、それを私が適当に触ると
何も言わずピュッと白い液体が出てきて、浴槽にふわ~っと浮かんだのを
「ちょっとやめてよ!!きたないな!!」って言いながら、私がお玉ですくう夢!!!

なんだこの夢は

もう、めっちゃくちゃ朝から嫌な気持ちになりましたw
性欲たまっとるんか私はw

さあ!みちおだよ!
そんなことより、みちおだよ!

ペアーズというアプリは、自分が出した条件に当てはまる異性が一覧で表示され、
( 年齢、所在地、年収、婚歴など)
イイネと思ったら、そいつにイイネする。

そんで、相手も同じようにイイネと思ったら、お互いにマッチングってことで、はじめてメッセージが交わせることになります。

女性は無料、男性は多分、月額二、三千円。
気の毒!!!

年下の変な男とばっかり片っ端からマッチングしてた私が「よし年上いこ」と決意してすぐ、10歳年上の、介護職の、落ち着いた容姿の男性からイイネが来てるのを発見したので、すぐさまイイネを返しました。

自分の顔写真の下に、何か一言書けるんだけど、たいていの人は
「〇〇な人、募集中です」とか「よろしくお願いします」なのに、
その10歳年上の彼、みちおは
「コーク飲んでる?」って書いていたので、
なんだか異彩を放っていたのでした。

コーク!コーラじゃなしにコーク。
飲んでるか聞いて、それがなんだと思いながら、
みちおと
マッチングありがとうございますと、形式めいた挨拶をかわしました。

まずは仕事について聞いてみることにしました。

私「介護職をされてるんですね。今のお仕事されて、もう長いんですか?」

みちお「実は今、休職中なんです(*^^*)」

私「プロフィールに、介護職って書いてありましたよ?」

みちお
「実は3年前から無職なんです。でも3年前まではきちんと働いてたし、これから将来、就活もする予定なので、介護職にカテゴライズされると思い、介護職と書きました(*^^*)」

ここからが、長いようで短い、濃いようで激うすの
私とみちおの物語のはじまり。