娘の邪魔をする母

昔から、私がオシャレするのに嫌な顔をしていた母です。

新しいワンピースを着れば
「なにそれ おばさんみたいね」

大きいイヤリングをすれば
「なにそれ似合わないわね」

ちゃんと化粧をすれば
「いっちょ前に化粧しちゃって」

高校生じゃねーからね?!
私、38のおばさんだからね?!

38のおばさんに向かって、65のおばさんが対抗心メラメラで、私のオシャレを邪魔してきます。

それでも無視して、自分の好きな格好をしていたら、やっとなんにも言わなくなってきました。

そんな母は、自分も太っちょなくせに、太っちょな私に「痩せなさい」と言ってきます。

そんで、私がダイエットをはじめたことを伝えると、その次の日に、たくさん菓子パンとスナック菓子を買って、うちに持ってきます。

絶対、邪魔しとるだろ!!w

毎度、毎度、私がダイエットはじめるたびに、必ず邪魔してきますw

私に菓子パンを手渡した母が、帰り際すごく小さい独り言をつぶやいてるのを聞いてしまいました。

「痩せさせるわけにはいかない」

こえーーから!!

鳥肌たったから!!w

そんで、私にカロリーを大量摂取したあと
満足そうに「あんたいい加減痩せなさいよ。ひとはな咲かせなさい」と言うのです。

そんで、私も懲りずに、またダイエットをはじめました。

インスタで、ラクビとウーカという2種類のダイエットサプリをもらったのです。

食欲も落ち着いて、いい感じなのです。

このサプリは、私のインスタのストーリーのリンクから買えますよとついでに宣伝。

それを母に言ったら
「いいじゃない。あんた太り過ぎなのよ。痩せなさいよ」と言った次の日、

ポテトチップス2袋と、カップラーメンの超大盛りスーパーカップ2個と、菓子パン3つ持ってきてくれました。

安いもんで手っ取り早く太らせようとするな!!!
せめて、高カロリーで、いいもんをくれ!!w

サプリのおかげか、お菓子食べたい欲がいつもよりないので、今回は引っかからんぞ。

そんで、これから、菓子パンやお菓子が欲しい時は、母にダイエット宣言しようと決めました。