ガチな私の節約法③袋分け

はい!前回「2週間分の家計簿つけてね」と言ってから3日たちましたが2週間分の家計簿書けましたか?
いいですねぇー!素晴らしいですねー!

まだの人はまた2週間後にもう一度読んでみてね。

はい!給料を全額おろしてきましょう!

全額なのです。
給料の振り込み口座と、家賃やクレジットカードの引き落とし口座が同じ人は完全な二度手間になりますが、とにかく小銭以外の全額をおろしてきます。

そんで、封筒を何枚か用意します。

この節約法は私が19の時から20年近く続けている方法で、どっかの雑誌に書いてたものだと思うけども、自分なりに改良して、どんどん簡素に、分かりやすくしたものです。

封筒1枚1枚に
項目を書いていきます。

まず絶対なのが
食費、日用品、雑費、
この3枚。これは絶対。

・食費

外食費は含まず、お酒飲む人は、お酒代の封筒は別に作った方がいいと思います。
私が死ぬ気で節約してたときは(旦那がフリーターしてて最低月収2万のとき)
大人二人と、2歳児ひとりの計3人で、月一万三千円の予算をとっていました。

すげーーね!!
これでやりくりしてたのすげーね!
ゴミでも食ってたんか!

まあまあ栄養に気をつけながら、めちゃくちゃ工夫して毎日ごはん作ってました。
旦那がほぼ家にいたから、昼ごはんまで!w

どうやって一万五千円でやりくりしてたかは、この袋分けの話が終わったら、書いていこうと思います。

今は、小二の娘と2人で2万に設定して、ちょっと余るくらい。

みんなが予算を決める時は、普通に生活してて、食費、月5万使ってた人は4万5000円に。
4万の人は3万6000円にと、最初は1割減らして設定してみてください。

・日用品

洗剤や、消耗品は全部ここです。
でも、食費と財布を別にしたりはしません。
すげーざっくり。
レシート見ながら1円取り出してってやってたら、めんどくさくなってすぐやめちゃうから。

日用品買う時は、だいたいまとめて買うから、その時にここからお金を出して、あまったら返す。てきとー。
旦那がいた超節約生活の頃は三千円に設定してました。
母子家庭になった今は1万円。
あら!増えてる!不思議ねぇw

・雑費

レジャー費や、誰かにプレゼントしたり、服買ったり本買ったり、学校の集金だったり、食費が足りなくなったら出したり、なんでもありの封筒。
これも、超節約のときは三千円。今は1万円。

はい!とりあえず封筒3つできあがりー!

続きはまた明日ー!
恥ずかしながら次回か次次回に、うちの収入と支出、全部書いちゃうよ!参考までに!

実際に私が使ってる封筒は、今度インスタに載せときます。
だってこのブログ、画像の載せ方わかんないんだもの!