本当にあった怖い話

娘が読んでた、怖い話の本を
のぞきこんだら

「この言葉を20歳まで覚えてたら死ぬ」と書かれた呪いの言葉が載っていました。

もーーーめちゃくちゃ腹たった!!!
まだそんなこと言ってんのか!!!

私が小学生の時とまったく同じ言葉だよ!!

私、まじでめちゃくちゃ怖かったからな!!
小学生の時、友達からその言葉聞かされて
「どうしよう!!20歳までに忘れなきゃ死んじゃう!!」って高2くらいまで、たまに思い出しては震えてたからな!!!

友達を巻き込んだらいけないから誰にも相談できないし、ひとりでずっと何年も怖かったのを一気に思い出しました。

でも死ななかった!20歳になっても死ななかった。

でも クソが!うちの娘が私と同じようにたまに思い出しては何年も恐怖で震えるようになったらどうしてくれる!って思ったら、娘はケロっとしてました。

娘が鈍感なのか、私が怖がりなだけなのか。

そして小学校の時、霊を探すのが流行ったのも思い出しました。

西川くんって男の子が、「霊が見える」って言い出して、その子を先頭にして、みんなで休み時間 霊を
探していたのです。

目を閉じたら、色んな光が見えるじゃない。
あれよあれw

そんで、私、西川くんの弟子みたいになって、霊の見方教えてもらって、家でオリジナルの御札作って、それを人差し指と中指に挟んで、ゆっくり教室を歩き回ったら、おふだがピンと立つ時があるの。

はい!そしたらそこに霊がいますよーー!

オリジナルの除霊のポーズ考えて、オリジナルの呪文唱えながら、ポーズ取りながら床に座り霊に向かってパワーを送るのです。

そしたら霊は成仏するのです。

家でせっせとオリジナルのおふだ作って、ポーズ考えては次の日、西川くんに披露してました。
もーー!!!!西川くんめ!!!

白い霊がいい霊で、黄色い霊が普通で、赤い霊がめちゃワルで、「テルミーには赤い霊を除霊する力がまだないから、赤いの見つけたらすぐ俺を呼ぶように」って言われてたから、
オリジナルのおふだ持って教室うろうろして、おふだがピーンとなったらオリジナルの言葉つぶやきながら、オリジナルの手の組み方して、その指の隙間から薄目で霊を見て、赤いの発見しては西川くんに走って報告してました。

もちろん みんなの前で!!
みんながポカーンと見てる中、誇らしげにポーズとってました。

もーーーー!!!!西川くんめ!!!!

私の初恋は、西川くんなんだけど

小五くらいで引っ越しちゃって、そこから行方知れずで、
高校になって、クラスのめちゃくちゃギャルの子が、他校の男子と付き合ってるって言ってて、それがなんと西川くんでした。

西川くんとギャルが手を繋いで歩いてるとこをたまたま見かけたんだけどさ、10年ぶりに見た西川くんは、ただのちょいヤンキーのイケメンになってました。

そのとき私は、バリバリ処女で、手も繋いだことなければデートもしたことなく、なんか色々こじらせて男なんて面白くねぇとか言っちゃって
鉄腕アトムみたいな髪型してたんで、死ぬほど恥ずかしかったです。

ねえ、西川くん
元気ですか?

私には異性にモテない霊が取り憑いてるよ。

ねえ!西川くん。
除霊してよ!!!!
新しい御札作るから見てよ!!
ねえ!!