友人Jとびっくりドンキーに行った話

小学校の時からの友達、友人Jと、
友人Jの息子(小三)と、
私と娘の4人でご飯を食べに言った時の話です。

友人Jの息子はアレルギー持ちなので、食べられるものが限定されていて、外食って言えば、寿司か焼き鳥かファミレス、
小麦が使ってないメニューがある店になります。

昔は、牛乳、卵、小麦、お米と、嘘みたいなアレルギーを持ってた友人Jの息子ですが
小三になった今は、なんとか主に小麦に落ち着き、その小麦も、大福についてた粉を食べただけでアナフィラキシーみたいになってたのですが、病院に通って少しずつ食べさせる免疫療法のおかげで今は1日うどん2本までなら食べられるようになっています。

嘘みたい!!!
ほんとにびっくりした!!!
ほんとに良かったね!!
私が持ってきた きのこの山とか食べてるの見て感動したわ。
昔は芋けんぴばっかり食べてたのにね。

免疫療法で使われる最初の食材は おっとっとらしいです。
あれ小麦がほとんど使われてないんだって。
なにでできてんのあれ?w
最終的に毎日おっとっと60匹かなんか食べなきゃいけなくなって、おっとっとが大嫌いになってしまった友人Jの息子です。

そしてその免疫療法を強く勧めたのはこの私である!!!
友人Jと息子は、私に感謝して、これからの人生を過ごせばいいのである!

お米が食べられないアレルギーってなによ。
お米も小麦もダメってなに食べればいいのよ状態の息子を、元気に明るい少年に育てたのは、心が広く、おおらかな友人Jだからこそだと思っております。

息子に合わせた食生活をしていると見せかけ、息子に見つからないように小麦をむさぼり食ってた友人Jだからこそだと思います。

ということで、4人でびっくりドンキーに行ってきました。

かなり混んでて、六組待ちでした。
電光掲示板みたいなものに、待ち時間や人数が表示されるんだけど、なぜか私達の番号だけ赤字で書かれてました。

なんで?
他の人達は黒字なのに、なんで私達だけ赤字なの?
貧乏だから?貧乏が頑張ってハンバーグ食べに来てるから?
あ、息子がアレルギーだから?
こいつはアレルギーだから気をつけろって意味?とか、わいわい予想を立てて
友人J「ちょっと!お店の人に、『 なんで赤いんですか?』って聞いてきてよ」
息子「わかった!『 大人に聞けって言われたんですけどどうして僕達の番号だけ赤いんですか?』って聞いてくるわ」
私「だめだめ、大人がそんなの言わせてるのばれたら頭おかしいと思われるだろ」

みたいな会話をして時間をつぶしました。

待合室にも、たくさんの人、
客席にも満員の人
待ってる人は、みんなお腹にハンバーグを入れたくて、食べてる人はみんなお腹にハンバーグを入れている。そして、帰る人達のお腹の中にも全員ハンバーグが入ってる。店員はハンバーグを運び、そしてまかないでハンバーグを食べる・・・
この店はすべてハンバーグで成り立っている!!!!
ってみんなで言い出して

「は!!!( ゚д゚)ハッ!!!!
赤字なのは、この店の謎を解いたからだ!!!」
って、アホみたいな結論が出ました。

店のトップシークレットを知る要注意人物として赤字で表示されてるんだ!!ってことで落ち着きました。

そんで、やっと席について
友人Jの息子はアレルギーの子専用ハンバーグを頼みました。
このハンバーグ作るのに時間がかかるんですって。
だから、大人のを頼む前に、席についてすぐに頼みました。

私の娘は、目玉焼きがのったお子様ハンバーグを頼みました。

友人Jは、太っちょなのにハンバーグだけはサッパリ派、おろしそディッシュを。
私は、ザ、太っちょ。
チーズフォンデュディッシュを頼みました。

びっくりドンキーは、金額とカロリーの兼ね合いでメニュー選ぶ度に頭がフル回転になるので疲れます。

そしてなんと!!
しょーーもない話なのに、長くなりましたので次回に続きます。